PySide Internationalization/ja

From Qt Wiki
Jump to: navigation, search
This article may require cleanup to meet the Qt Wiki's quality standards. Reason: Auto-imported from ExpressionEngine.
Please improve this article if you can. Remove the {{cleanup}} tag and add this page to Updated pages list after it's clean.

日本語 English

PySideプログラムの国際化

まず、次のようにプロジェクトファイルを作成します。 kalam.pro

SOURCES = main.py
TRANSLATIONS = i18n/en_GB.ts  i18n/eo_EO.ts

TRANSLATIONSでは、これから作成する翻訳したい言語の翻訳ファイルを指定します(この例ではイギリス英語とエスペラント語)。

次のコマンドを実行します。

# Ubuntuの場合、このツールはpyside-toolsパッケージに含まれています
$ pyside-lupdate kalam.pro

これでQt Linguist( Linguistのチュートリアル )で使用する翻訳ファイルが作成されました。 Qt Linguistで.tsファイルを読み込み、各項目をダブルクリックして訳を入力します。翻訳が済んだら「?」アイコンをクリックして完了アイコンに切り替えます。最後に「ファイル」→「リリース」を実行してqmファイルを作成します。Qtのtranslatorはこのqmファイルを使ってアプリケーションの翻訳を行います。

アプリケーションの翻訳対応は次のように簡単に追加できます。

 translator = QtCore.QTranslator()
 translator.load('i18n/eo_EO')
 app = QtGui.QApplication(sys.argv)
 app.installTranslator(translator)

上の例ではエスペラント語の翻訳をロードしています。

QObjectは翻訳された文字列を返す関数trをもっています。先ほど使用したpyside-lupdateコマンドはソースコードをスキャンして、関数trを呼んでいるインスタンスの場所を探しています。

self.tr('sksddsl')
QObject.tr('xyz')
MyClassX.tr('nanana')