Building Qt for Linux/ja

From Qt Wiki
Revision as of 14:06, 14 January 2015 by Maintenance script (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

English Português Русский Spanish 日本語

Linux での Qt のビルド

Qt はたくさんのモジュール、configure のオプション、追加機能を持つ、とても大きなフレームワークです。ソースからのビルドに直面したとき、必要な依存関係をどうやって解決するか、ビルドに必要な機能を見極めようとするのはチャレンジでしょう!

“standard minimum configuration”(標準的な最小限の設定) として見なすことの出来る Linux の機能は: ZLib, JPEG, TIFF, MNG, PNG, OpenGL, GStreamer, ALSA, FreeType, FontConfig, CUPS, D-Bus, X*, OpenSSL, そして SQLite になるでしょう。

以下の表は Qt 4.5 から2010年12月時点の trunk の全てのバージョンが依存するパッケージ名の包括的なリストになります。Ubuntu のパッケージ名だけを示していますが、その他のディストリビューションのパッケージ名も追加してください。

「モジュール」の列がその機能で必要な最低レベルのモジュールを示しています(例えば、QtCore がその機能を使っていた場合、QtGui ではそのモジュールをリストに載せていません)。互いに独立な複数のモジュールに依存している場合はそれぞれのモジュールを記載しています。

1 サポートされていますが、Qt 4.5 でのビルド方法を見つけることが出来ませんでした。

2 Qt for Embedded Linux のビルド時に、“configure” に ‑DMESA_EGL_NO_X11_HEADERS オプションを付ける必要があります。 .qmake.cache を使っても可能かもしれません。

3 “configure” に “$(pkg‑config gstreamer‑interfaces‑0.10 gstreamer‑video‑0.10 gstreamer‑base‑0.10 ‑‑cflags‑only‑I)” オプションが必要です。

4 別途 libGLES_CM.so が必要となります。

5 Qt 4.6 から unixodbc ではなく libiodbc2 がサポートされています。

6 パッケージのインストール後に “ln ‑s libfbclient.so /usr/lib/libgds.so” の実行が必要です。

Categories: