Smooth Zoom In QGraphicsView/ja

From Qt Wiki
< Smooth Zoom In QGraphicsView
Revision as of 06:05, 16 January 2018 by SoSoMax (talk | contribs) (Change wrong operator(''=) to correct operator(+=))

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
This article may require cleanup to meet the Qt Wiki's quality standards. Reason: Auto-imported from ExpressionEngine.
Please improve this article if you can. Remove the {{cleanup}} tag and add this page to Updated pages list after it's clean.
English 日本語

QGraphicsView でスムースなズーム機能の作り方

QGraphicsView を使ったプログラムですばらしい機能とはもちろん(例えば、Google Earth のような)スムースなズーム機能です。その実装のためには、QGraphicsView を継承した独自ウィジェットを作成する必要があります。

その基本的な考えはユーザがマウスのホイールをひとつ「動かす」たびに、新たに「スケーリングアクション」を作成するというものです。スケーリングする合計数は _numScheduledScalings に格納します。

もちろん、wheelEvent の再実装が必要です。まずはそのコードを示します。説明はその後に行います。

void MyQGraphicsView::wheelEvent ( QWheelEvent * event )
{
 int numDegrees = event->delta() / 8;
 int numSteps = numDegrees / 15; // QWheelEvent のドキュメントを参照してください
 _numScheduledScalings += numSteps;
 if (_numScheduledScalings * numSteps < 0) // ホイールが逆方向に動いた場合には、それまでに予定していたスケーリングをリセットします
 _numScheduledScalings = numSteps;

 QTimeLine *anim = new QTimeLine(350, this);
 anim->setUpdateInterval(20);

 connect(anim, SIGNAL (valueChanged(qreal)), SLOT (scalingTime(qreal)));
 connect(anim, SIGNAL (finished()), SLOT (animFinished()));
 anim->start();
}

ホイールの移動の「勢い」を計算して、_numScheduledScalings に加えます。Doc:QTimeLine のオブジェクトを作成して、 350ms の寿命の間に 20ms 毎に scalingTime() 関数を呼び出します。

void MyQGraphicsView::scalingTime(qreal x)
{
 qreal factor = 1.0'' qreal(_numScheduledScalings) / 300.0;
 scale(factor, factor);
}

倍率(factor)はシーンをどのくらいズームしたいかによって決まります。ほんの少しだけズームしたいときには、ホイールをとても繊細に動かさなくてはならないでしょう。_numScheduledScalings は小さくなり、 factor はほとんど 1 になるでしょう。その逆に、ホイールを勢いよく回転させた場合には、_numScheduledScalings は大きくなり、シーンのズームは速くなるでしょう。

もちろん、動的に作成した QTimeLine の処理も必要です。 void MyQGraphicsView::animFinished() {

if (_numScheduledScalings > 0)
_numScheduledScalings—;
else
_numScheduledScalings++;
sender()->~QObject();

}