Hello World in PySide/ja

From Qt Wiki
Jump to: navigation, search
This article may require cleanup to meet the Qt Wiki's quality standards. Reason: Auto-imported from ExpressionEngine.
Please improve this article if you can. Remove the {{cleanup}} tag and add this page to Updated pages list after it's clean.

日本語 English [French] 한국어

はじめてのPySideアプリケーション

すでにPySideのセットアップページに従ってPySideをインストールしているなら、Qt + PythonのGUIアプリケーションを開発する準備は万端です。他のプログラミングフレームワークにならって、伝統的な "Hello World"から始めます。

以下はPySideでのHello Worldの簡単な例です。

#!/usr/bin/python
 
# Import PySide classes
import sys
from PySide.QtCore import *
from PySide.QtGui import *
 
# Create a Qt application
app = QApplication(sys.argv)
# Create a Label and show it
label = QLabel("Hello World")
label.show()
# Enter Qt application main loop
app.exec_()
sys.exit()

PySideのデスクトップアプリケーションを作るには、かならずPySide.QtCoreとPySide.QtGuiのクラス群のインポートから開始します。これらのクラスはPySideのアプリケーションを作る上で中心的な役割を担っています。PySide.QtGuiは、PySide内部のウィジェットの振る舞いを担当します。PySid.QtCoreは、シグナルとスロットの処理、アプリケーション制御を担当します。

インポートの後にQtのメインアプリケーションであるQApplicationを作成します。Qtがコマンドライン引数を受け取れるように、QApplicationオブジェクトへコマンドライン引数を全て渡します。引数を渡す機会はあまりありませんが、このようにしておきます。

アプリケーションオブジェクトの作成後、QLabelオブジェクトを作成します。QLabelはテキスト(シンプルテキストやHTMLのようなリッチテキスト)と画像を表示するウィジェットです。ラベルの作成後、表示のために show メソッドを呼び出していることに注意してください

最後に app.exec_() を呼び出します。Qtのメインループが開始され、Qtのコードが実行されます。本当のところ、ラベルが表示されるのはここになるんですが、今は気にしないようにしましょう。

ラベルにHTMLを表示する

前述のようにラベルにhtmlタグを渡してリッチテキストを表示することができます。ラベルを作成するコードを次のように変更してください。

label = QLabel("<font color=red size=40>Hello World</font>")

"Hello World"が大きくなり、赤色に変わったでしょうか。さらに色やサイズの変更や、点滅を試してみましょう。QLabelのかわりにQPushButtonなども作成してみましょう。