PySideSimplicissimus Module 4 ShowLicence Japanese

From Qt Wiki
Jump to: navigation, search
This article may require cleanup to meet the Qt Wiki's quality standards. Reason: Auto-imported from ExpressionEngine.
Please improve this article if you can. Remove the {{cleanup}} tag and add this page to Updated pages list after it's clean.

日本語 English [French]

ライセンスを表示する

この例では GPL ライセンスを表示しますが、 PySideLGPL でリリースしているのでご注意ください。正しいライセンスが表示されているか確認しましょう。

今回は便利なようにファイルを外部リポジトリに格納しています: COPYING.txt, licence.uilicence.py です。ファイルは次の場所にあります: COPYING.txt, licence.ui, licence.py. ダウンロードした後、 COPYING.txt をプログラムと同じディレクトリに配置してください 。このファイルには GPL v2 が記載されています。 licence.ui を次のようにPythonファイルに変換します:

pyside-uic licence.ui > ui_licence.py

プログラム一覧は次のとおりです:

#!/usr/bin/env python
# licence.py - display GPL licence
 
import sys
 
from PySide.QtGui import QApplication, QMainWindow, QTextEdit, QPushButton
 
from ui_licence import Ui_MainWindow
 
class MainWindow(QMainWindow, Ui_MainWindow):
 def ''init''(self, parent=None):
 '''Mandatory initialisation of a class.'''
 super(MainWindow, self).''init''(parent)
 self.setupUi(self)
 self.showButton.clicked.connect(self.fileRead)
 
def fileRead(self):
 '''Read and display GPL licence.'''
 self.textEdit.setText(open('COPYING.txt').read())
 
if ''name'' == '''main''':
 app = QApplication(sys.argv)
 frame = MainWindow()
 frame.show()
 app.exec_()

プログラムを実行してボタンをクリックすると、TextEditウィンドウにライセンスの一覧が表示されます。以下のリンクをクリックして画像を確認してください。外部に保存しています:

  • licence.png

コード全体は AboutClose スクリプトにとてもよく似ています。ここで興味深い構文が2つあります:

self.showButton.clicked.connect(self.fileRead)

このプッシュボタンはライセンスを表示するので showButton と名付けました。この構文で、クラスメソッド fileRead と showButton.clicked イベントを接続します。これによって showButton がクリックされると、Pythonのクラスメソッド fileRead が実行されます。 fileRead は次のPython的な構文を持ちます:

self.textEdit.setText(open('COPYING.txt').read())

内容を明快に伝えるやり方ではありませんが、Pythonプログラマーはこのように書くのを好みます。このコー​​ドは次の構文と同じ意味です:

#open file
fl = open('COPYING.txt')
tmp = fl.read()
self.textEdit.setText(tmp)

こちらのほうがより明快ですね。しかしタイピング量が増え、Pythonがインタプリタ言語なので実行が少し遅くなります。どちらのスタイルを選ぶかは、個人の判断になります。